女性の仕事としての「料理」とは。

女性の仕事として考える「料理」の職業としては、今流行りの「フードコーディネーター」「料理研究家」「小料理屋さん」「おばんざい屋さん」などがあります。
食べるのが好きな人と、作って食べてもらうのが好きだという人がいます。
食べることが好きな人は「食ログ」「お店紹介」などの文章を書く人などがあり、
作って食べてもらう人には「女性の板前さん」「小料理屋の女将さんや板前さん」などが考えられます。

料理と女性の関係は永久的に付いてまわるものと私は考えています。奥さんのお料理が上手い方のご主人は幸せ。
人間にとって「食」の問題は「命の問題」と同じくらい重要。食は生活の基本であり命を繋ぐものと考えています。
人は食べないでは生きていけませんし、貧しい食事でもバランスが取れて美味しければ素晴らしいお料理に違いありません。
またお金のかかったお料理でも、見ためだけがよく味がさっぱりで美味しいと感じられなければ「貧しい」という感じがあります。

一般的に料理人と言われる方々は男性が多く、有名シェフと言われる方々にも男性が多いです。
ではどうして女性の料理人やシェフを見かけないのか、調べてみました。
昔から女性は味覚が変化し易いと言われていたそうです。そして女性の方が体温が高いために、
なま物を扱う板前さんや寿司屋さんには女性が適さないと言われていたのかもしれません。

最近は女性の板前さんや料理人と言われる女性は増えました。
料理店の板場で男性に交じって同じように料理を作っているのを見かけます。
しかし水や氷を使う仕事が多く料理を作る板場は寒く冷たいのが普通です。

そんな中女性が同じように働いているのですから、冷えからくる病気を心配してしまいます。

女性の職業として女性の仕事として、料理人はなかなかハンディが大きいと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>